限定自動車検査証

再度ユーザー車検受付の窓口に行き、限定自動車検査証を発行してもらうことにしました。

7受付(ユーザー車検)

限定自動車検査証とは?

道路運送車両法・第五章 道路運送車両の検査等の第七十一条の二(限定自動車検査証等)に書かれていますが、難しいというより条文は複雑です。

条文からわかることは、限定自動車検査証の有効期間は15日間であるということです。

あとは限定自動車検査証(その1)の備考欄に記載されていることから、限定自動車検査証の有効期間は15日間であっても自動車検査証(車検証)の有効期間までしか運行(公道使用)できないということになります。

さらに運行(公道使用)の条件として、必要な整備を行う場合と継続検査へ行く場合のみ運行が出来るということです。

ちょっとドライブに出かけようと思ってもNGな訳です!!

ということからもし自動車検査証(車検証)の有効期限が切れてしまうと仮ナンバー(臨時運行許可)をとらないと自走では再検査に行けないことになります。

今回は、車検の有効期間が8月29日までで、ユーザー車検を8月17日に受けて不合格なので結構余裕があるので問題ないのですが、車検の有効期間ギリギリでユーザー車検を受ける場合は注意が必要です。

車検は、車検の有効期間が切れる1か月前から受けられるので十分余裕を持った計画を立てたほうが良さそうです。

限定自動車検査証(その1)

限定自動車検査証(その1)

名称が自動車検査証(車検証)と違うだけで記載されている内容は、備考欄を除いて同じです。

限定自動車検査証(その2)

限定自動車検査証(その2)

限定自動車検査証(その2)は、保安基準に不適合な箇所が記載されています。

ユーザー車検の体験記TOP←検査不合格│限定自動車検査証│車検証更新への選択肢→